データ管理を徹底したいなら|データセンターを利用すべし

ニュース一覧

大量データをらくらく管理

ネットワーク

情報共有も効率的に

オフィスなどでパソコンを長く使用していると、保存データが増えて内臓ハードディスクの容量を超えてしまうことがあります。通常、こんな時は外付けのハードディスクなどを接続することで対応しますが、最近はもっとスマートな方法が人気を集めています。それがオンラインストレージです。オンラインストレージとは、専門事業者が提供するサーバー内にデータを保存し、インターネットを通じてアクセスすることのできるサービスです。いわゆるクラウドサービスの一種です。オンラインストレージを利用すれば、使用しているパソコンのデータ保存能力を気にすることなく、大量のデータを扱えるようになります。内蔵ハードディスクから溢れた分だけでなく、全データをそっくりバックアップすることも可能です。オンラインストレージは他にもメリットがあります。それは、インターネットに接続できる環境さえあれば、端末を問わずに同じデータにアクセスできることです。そのため、たとえばオフィスでやり残した仕事を出張先で続けるといったような場合でも、パソコンや外部記録媒体を持ち歩く必要がなくなります。このことは、パスワード等の管理をしっかりしておけば複数の人間が同じデータにアクセスすることも可能だということも意味します。つまり、職場の誰かがオンラインストレージ上にデータをアップロードすれば、アクセスを許可された上司や同僚もそれを閲覧することができるわけです。この特性を活用すれば、データをメール等に添付して何人もの人間に送信するといった手間をかけなくても、効率的にデータの共有が行えるようになります。