しっかりと対策する | ゴキブリやハクビシンの対策もハチ駆除も専門業者のランキングで

ゴキブリやハクビシンの対策もハチ駆除も専門業者のランキングで

しっかりと対策する

学習能力の高い野鳥は厄介な存在

鳩という鳥は、平和の象徴でもあり、多くの人に愛されています。その一方で、数多く繁殖した鳩が糞害をもたらして、迷惑の原因となっています。人の生活圏内で暮らしている野鳥は、人を恐れず、人の家の傍でも平気で営巣します。人の方は、巣を作らせない対策として、木を伐採したり、目玉の膨張札を下げたりするのですが、学習能力の強い鳩に対しては効き目が今一つでした。光に反射する棒をぶら下げて効果を出した所もありますが、それも一時的な対策にしか過ぎないものでした。とにかく、脅しだけで実際の被害が無いと分かると、防鳥ネットも潜り抜けてしまうくらい賢いのですから。そして、ネコやイタチの入れない隙間を見つけると、そこに安心して営巣するという有様になっていました。

基本的に鳩を寄せ付けないために

鳩がなぜ、人の生活の傍に巣を作るかといえば、そこが安全だからであり、巣を作りやすい場所だからです。そこで、最近では、窪みや隙間のない屋根のデザインが考案されています。一時問題になった屋上の太陽光発電装置の隙間も、鳥が入り込めないように工夫されるようになりました。庭木なども、サルスベリなどの巣が作りにくい物を植えることで、野鳥が近づかない様対処できます。一部の自治体では駆除の方向を打ち出していますが、対策としては感心できません。鳩も自然の一部である以上、殺処分以外の対策を考えなくてはなりません。自然のバランスを崩すことは避けたいところです。鳩に巣を作らせない工夫を積み重ねることで、鳩と距離を置く平和的な共存が望まれています。